toshixpress

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同窓会 @国立新美術館 20061018

大学の同窓会がありました。具体的には東京支部の年2回開かれる例会の一つで、春先は仕事で行けませんでしたが、今回はぜひ参加してみたいと思い、上司の許しを得て参加させていただきました。

DSC_3270.jpg

今回のイベントは来年の1月にオープンするという六本木の国立新美術館にて、大学OBで建築家の黒川紀章氏が、同窓生を前に自ら設計した建物を案内するというもの。

助手席にアシスタントを従えて、御歳72の男が自らポルシェの黒いロードスターを運転して登場。そして「わたしの設計した建築は世界中にありますから、本当はそれらもみなさんに案内してあげたい」「私は国際人ですから仲の悪い国同士でも私が間に入ることでプロジェクトが実現に向かうのです」などなど、小さな体からスケールの大きな発言がバンバン飛び出してきました。

DSC_3298.jpg

肝心な建築の方ですが、展示室はなんと一室2000㎡の巨大空間。収蔵品を持たず、団体展や企画展中心の美術館になるそうですから、まさに箱物。しっかりした運営が望まれます。

DSC_3300.jpg

アトリウムの逆円錐の上にはパリの三ツ星レストランが入るみたいで、そんなに高くもなく、展示時間終了後も営業しているらしいので、食事目的にふらりと行ってみるのもいいかもしれません。

在学中から建築界の言説をリードする一方で、建築の設計にとどまらず、政策にも影響を与え続けてきたマルチな人。そりゃ有名になればいろいろ批判も受けるけど、やっぱりすごい。一流におさまらない超一流とはこういう人のことを言うのかと思いました。帰りには「これは大きな車椅子です」と言って、自らハンドルを握り、懇親会会場に向かっていきました。

その後の懇親会では、少ししか会ったことのない研究室の先輩や、久しぶりに会う同級生とも話ができて、短いながらも有意義な時間を過ごすことが出来ました。それにしても、すごい人がいるもんだなぁと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/18(水) 23:57:15|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

@豊洲 かなりイケてる!! 20061015

映画を見に「アーバンドック ららぽーと豊洲」に行ってきました。いつの間にできたの?って思ったら今月上旬。オープンして2週間足らずとは知りませんでした。

DSC_3251.jpg

映画を見たあと、すでに陽は沈んでいましたが、空の色がとてもきれいでした。なかなかの夕陽スポットだと思いますが、地上レベルからだと橋が一本邪魔でした。高層マンション上層階の西向きの部屋からの眺めは東京屈指のすばらしいものでしょう。

DSC_3256.jpg

「アーバンドック」の名のとおり、ここは元々造船所だったところで、外の庭には船の錨などがオブジェとして飾られていたり、ドックを利用したヒミコの桟橋や跳ね橋があったりします。シュールな感じでツボでした。銀座から地下鉄で10分もかからないところにできた素敵なアーバンリゾート。豊洲、かなりイケてるよー。

DSC_3262.jpg

帰りはゆりかもめに乗りました。ゆりかもめの先頭がまた気に入っちゃいました。無人運転万歳!電車でGo!ってかんじです。通勤通学で使っている人は慣れちゃっているでしょうけれど、観光客がゆりかもめに乗るなら1,2本遅らせてでも先頭車両の一番前がいいなぁと思いました。

夕食は有楽町の近くで「のどぐろ」という魚を食しました。鯛ほどぱさぱさしていなく、金目鯛よりは脂少なめの白身魚で、刺身は無理でしたが、塩焼きでとてもおいしくいただきました。そんなにたくさんとれる魚ではないらしく、大きい物(40~50cmくらい!?)は2万円くらいで出しているみたいですが、それくらいの大きさでも平らげられそうなうまさでした。焼酎もおいしくて、心地よく一眠りしたらあっという間に横浜でした。
  1. 2006/10/15(日) 23:55:56|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

@Hanoi そよ風の似合う街 20060916-01

ハノイ2日目。

バイクとクラクションの音で目を覚ましました。ホテルで朝食を済ませて、向かいの旅行代理店で翌日のハロン湾のツアーを予約。加えてカンボジアのシェムリアップまでの航空券と、シェムリアップからホーチミン・シティまでの航空券を購入。カンボジア航空で行きたかったのですが、あいにくの満席で行きも帰りもベトナム航空便。

学生のころだったら陸路で行っていただろうに、社会人になって迷わず飛行機を使っている自分が不思議でした。

DSC_8108.jpg

航空券をとったら、中心部にあるホアンキエム湖という湖に向かいました。通りには街路樹が多く、木陰に恵まれています。

DSC_8111.jpg

途中にあった花のマーケット。南国情緒たっぷりの色とりどりの花がたくさん。

DSC_8231.jpg

ホアンキエム湖の周りは大きな公園になっていて、素敵な憩いの場になっています。どこかの国と違って湖のほとりには柵もなく、水辺でゆっくりたたずむことができてすばらしい。

ハノイは湖が多い街で、また近くに大きな河が流れているためか、街には心地よい風が吹いていました。また、ベトナムの女性は長く美しい髪の人が多く、その長い黒髪やアオザイの裾、湖のそばの柳の木々が揺れる姿は、とても優雅で印象的なものでした。ハノイはそよ風の似合う街だなと思いました。
  1. 2006/10/15(日) 00:53:45|
  2. 2006 Vietnam & Cambodia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

to Hanoi 20060915

9月15日からのちょっと遅めの夏休み。ぼちぼち書いてみます。

朝、職場から帰宅したら、まずは2週間後に控えた引っ越しの準備。程々に終わらせたら、一旦仮眠をとって亀有駅前の銀行に行ってドルをげっと。昼食を食べて、旅の荷造りを済ませ、少し早めに京成で成田へ向かいました。

DSC_8093.jpg

出発は面白みのない第2ターミナル。旅行保険に加入、免税店でちょっと買い物をして、ハノイ行きのJALに乗りました。

国際線は普段あまり映画館と縁がない僕にとっては貴重なひととき。遅ればせながら「ダヴィンチ・コード」を鑑賞。このダヴィンチ・コード、書店に平積みしてあった日本語訳の小説は、文体がつまらなくて1ページで読むのをやめてしまいましたが、映画はとても面白く、舞台となった地を旅してみたいと思いに駆られました。またキリスト教の学校だった中高時代の記憶が懐かしく思い出され、久しぶりに聖書を読んでみようかなと思いました。

また、窓の外は満天の星空。そして、遠くでは分厚い雲が稲光に輝くという、なんとも神秘的な現象を見ることが出来ました。

ハノイ・ノイバイ国際空港への到着は夜の9時過ぎ。昨夜インターネットで送ったホテル予約フォームの反応が怪しかったので、空港から問い合わせてみたところ、予想通り予約できておらず。空室はあるというので予約を入れ、タクシーでホテルに向かいました。

予約したホテルはハノイの旧市街にあり、近所では裸電球のもと、食事をしたりお酒を飲んだりしている人々で夜遅くまでにぎわっていました。それはまさにアジアの下町って感じで心躍るものでしたが、疲れがどっと出てきたのでさっさと眠りにつきました。
  1. 2006/10/14(土) 23:52:34|
  2. 2006 Vietnam & Cambodia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

@横浜 20061002

旅行から帰ってきたら、コンペ他仕事の締め切りが待ってくれていました。

月曜徹夜で火曜帰宅、水曜徹夜で木曜帰宅。帰宅後、引っ越しの準備をして、金曜の朝に業者さんに引き渡して出勤。それから会社に3連泊して月曜日にフィニッシュ。

仕事が詰まっているのはわかっていましたし、その前に休みをいただいていたので、別にしんどくはなかった。まぁこういうこともあるんでしょう。これが真夏じゃなくてよかった。

というわけで引っ越しから3日経って、ようやく新しい家に帰りました。

DSC_2816.jpg

引っ越し先は横浜のポートサイド地区という再開発地区。これはみちすがら撮った写真。夜景の穴場スポットみたいです。

最近、よく引っ越しをしている気がします。荷造りは面倒ですが、いろんなところに住むって、なかなか楽しい。まぁ人生長い旅です。
  1. 2006/10/05(木) 11:43:05|
  2. 横浜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

@大阪 20060924

ベトナムからの帰途、友人と会うために大阪によりました。

DSC_2564.jpg

関空から街へ向かうならやっぱりラピート。っていうのはウソで、ただもたもたしてて安いのに乗りそびれただけです。

DSC_2610.jpg

で、さっそく通天閣に行きました。あたりはこてこて大阪って感じ。大阪のおっちゃんおばちゃん達がたくさんいて独特の雰囲気です。

DSC_2615.jpg

展望フロアは高さ91m!見よ、この眺望。どんどん高層ビルに追い抜かれていっています!マンションにすら追い抜かれていっています!!それでもいいんです。人生そんなにがんばらなくてもいいだろって気持ちにさせてくれます。

DSC_2625.jpg

展望フロアに鎮座するビリケンさん。みんなに足の裏をすりすりされていました。

DSC_2623.jpg

これはみっくちゅじゅーちゅ。京都にいたころは胡散臭いなぁと思って飲みませんでしたが、飲んでみるとなかなかうまい。もっと早く飲んどけばよかった!!

そのあとは心斎橋・道頓堀界隈をぶらぶら。キリンプラザでビールを飲んだり、三角公園でたこ焼きを食べたりしました。

帰りは伊丹から。引っ越しを控えているので、飛行機を早めのに変更して帰ることにしました。

DSC_2805.jpg

鶴のマークのJAL。まだまだしぶとく残っています。幼いころ、僕にとって「鶴」とはJALのマークそのものでした。そのため折り紙の鶴を「鶴」と認めることが出来ず、折鶴の羽を折り曲げたりハサミで切れ目を入れたりとそれはそれは涙ぐましい努力をしたものです。

DSC_2751.jpg

空港から見える大阪の街並み。スカイビルが印象的。また遊びに来ようっと。
  1. 2006/10/05(木) 11:20:37|
  2. 京都/関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。