FC2ブログ

toshixpress

ビルの見学会+中国文化の勉強会 20060325

昼下がり、日本橋に月末竣工するビルの見学会に行く。すっきりした印象のビル。こういう集まりでディテールまでじっくり見るのはいい勉強になる。

DSC_6710.jpg

これは屋上に並ぶ機械の様子。まるでビル街みたい。

DSC_6723.jpg

これは屋上から見た江戸橋付近。

DSC_6785.jpg

江戸橋そばの三菱倉庫ビル。舟をモチーフにしたデザイン。こういう建築、僕はけっこう好き。

DSC_6795.jpg

桜が咲き始めた。なんかとてもやる気が沸いてくる季節。

見学会の後は京橋にて、中国文化の勉強会&お食事会。

今日は各々漢詩を作ってみようということになった。テーマは「花」。いちおう五言絶句で作る。男性陣、制限時間内に造ること出来ず。僕は題材は固まったので、後は字を配して肉付けをする作業。題材はね、ふふふ、こっぱずかしいです。というわけで宿題が出来た(けどこれをアップする時点でまだやってない……)。

DSC_6802.jpg

その後は濃厚カルボナーラとワインのパーティー。チーズをゴシゴシすりおろす。一心不乱にすりおろす。

会場を使わせてくださったTさんは調査会社を自営していらっしゃる方。どこの馬の骨ともわからぬ僕らを受け入れてくれる気さくな方で、料理の腕がすごい。はやりの言葉で言えば、まさにチョイモテ親父ってとこか、いや十分素敵な紳士。

DSC_6839.jpg

その後もさらに中国話に花が咲く。僕も6月ごろシルクロードのスライド会をする事になりそう。あと半年弱で3年になる。成長したといえば成長した。でもまだまだ。
スポンサーサイト



  1. 2006/03/26(日) 11:50:31|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韮山にて 20060304

3週間も前の話だけど、伊豆に行ってた。そのときのお話。

まずは旧高原分校改め高原美術館へ。「出月秀明展」という展示が開かれているのだけど、これがとても面白い。4月9日に「新日曜美術館」でも数分採り上げられるそうなので、そちらの方も見てみたい。

DSC_5493.jpg

教室では市役所のかたが打った十割そばをいただいた。つなぎがないので、これぞ蕎麦を食べているという感じ。僕が蕎麦を一方的に食べるのではなく、なにか蕎麦と僕とが一対一で向かい合っているような気がした。いやいや、とてもおいしい。加えて、地域の方が作ったという、ワサビの花の漬物をいただく。ぴりりと辛く、食べたこともないはずのものに、春だなぁと感じたのはどうしてだろう。

DSC_5607.jpg

DSC_5601.jpg

梅の花がちょうどいい具合に咲いている。上品で甘い春の香り。

DSC_5612.jpg

長い長いすべり台。こうやって撮るともっと長く見える。

午後は車で韮山を観光。この地域に対する知識を深め、より多くを体験するために2泊の日程を組んだのである。観光の本などに頼らず、口コミや自分の目を頼りに、ありのままを受け止めたいと思った。

DSC_5644.jpg

山から下りると菜の花畑があったので車を止めた。こういう光景、昔は大して気にも留めなかったと思う。それが美しくかけがえのないものとして目の前にたち現れる。普段そんなに乾いた世界を生きているのだろうか。僕らはいつの間にか、何かに我慢することに慣れきって暮らしているのかもしれない。

DSC_5651.jpg

近くの水路のそばには早咲きで知られる河津桜という桜が咲いていた。僕は河津桜なんて知らなかった。植物に詳しい人がそばにいるととても助かる。「花を愛でる心」即ち「花心」と書き表したいけれど、「花心」っていうのは「浮気心」なんだってさ。

ここは江川邸という住宅。この地域の代官様だった人のお屋敷。

DSC_5691.jpg

DSC_5661.jpg

この江川家の人は学問に熱心で、大砲を作るなど、先進的な技術を積極的に取り入れて実践した人。こういう人が地方にもいて、優秀な人材を育てていたということは特筆すべきこと。

DSC_5660.jpg

で、僕はこの傘立てが気に入りました。ローテク万歳です。

DSC_5694-1.jpg

運転していたら夕陽が輝いているのが見えたから、横道にそれて見晴らしのよい高台へ坂道を登った。そして見えた景色。鉄塔が邪魔だけど、まぁいいや。強く逞しい太陽が魅せる空の色は、実はとても繊細なのである。

DSC_5694-2.jpg

夕陽で空が燃え盛る。見惚れる間もなく、あっという間に沈んでいく。今日も一日お疲れさま。

美しい自然に囲まれ、それらを自然体の心で受け止めること、ここにかけがえのない幸せがある。そして、それらを誰かと共有すること、共有できる仲間がいることはもっと幸せなことである。
  1. 2006/03/26(日) 02:50:53|
  2. その他 都市・建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5