toshixpress

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の灯り @仙台 20061215

祖父が亡くなり四十九日。本年は喪中です。

法要に行くため、金曜の夜、新幹線で仙台に向かいました。

あまり寒くもなく、せっかくなので、すぐに地下鉄に乗らずに、冬の灯りに輝く街を歩きました。

DSC_4284.jpg

DSC_4309.jpg

やはりイルミネーションは北の街がいい。一段厳しい寒さだからこそ、不思議な暖かみと風情があります。

そして今年は実家のある団地の緑地帯でも例年以上のイルミネーションが灯されていました。灯された木の数は街中ほど多くないものの、電球色と白色とで彩られた木々は、上品でとてもきれいなものでした。

ここのところ、本当にいろいろ変化が多くて、この日には社内の大型プロジェクトのメンバーにカウントされました。楽しみにして進めてた冬休みの計画も立て直さなきゃいけなくなりそうですが、ポジティブに捉えて乗り越えて行こうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/18(月) 01:10:35|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

仙台&なんちゃって新幹線通勤 20060814

お盆前の土日、仙台に帰りました。涼しいんだけど、湿度がすごくて、つまり暑くはないんだけどなんだか異様に蒸し蒸しするという、仙台ならではの気候でした。

DSC_7880.jpg

仙台駅西口の北側にあったビルが取り壊されていました。見慣れた風景が変わっている。今まであったものが無くなってるって、やっぱり不思議な感じがします。ちなみに跡地にはパルコの入る高層ビルが建つみたい。仙台も帰るたびにどこか変わってる。

いとこ軍団と会えなかったのは残念だったけど、父親の同級生の喫茶店に連れて行ってもらったりして、それはそれでなかなか楽しい帰省でした。

月曜日は仙台から新幹線で出勤してみました。

仙台→東京ノンストップの「はやて」で1時間半。ちょっと寝てるだけで東京でした。楽チン。これからも機会があればこの手を使ってみようと思います。
  1. 2006/08/14(月) 23:48:31|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふかひれ寿し+エンタシス 20060103

仙台に来たからには安く手に入るおいしいものを食べて帰りたい。そこで思い出したのが、先日Casa BRUTUSで見たフカヒレ料理だった。しかししかし、気仙沼まで車を走らせる余裕はない……、というわけで仙台駅3階にある「気仙沼 あさひ鮨」に行った。さっそく海鮮丼とフカヒレの握りを注文。

c0031319_214337[2].jpg

左から「ふかひれ寿し姿」630円、「ふかひれ寿し」550円。ふかひれの食感がたまらん。でも、寿司のネタとしてはやっぱり大トロなどなど他の方が上かも。いくつも食べ続けたいとは思わない。ただ珍味として、あるいは話のネタとしては絶品だと思った。ぶどうえび、あんこう、マンボウ、などなど今後の宿題も増えた。こういう料理を普通に食べれるのが仙台のいい所だと思う。

そして今日も友人N氏と話し込む。行った先は今晩もジャズ喫茶、カーボ。友人と吉阪隆正の本を開いて話していたら、隣のおじさんに絡まれる。別に吉阪隆正の話ではない。冬だというのに庭にバラが咲いたらしい。なるほど、たしかに珍しい。でもバラのことを聞くとちっとも教えてくれない。色すら教えてくれない。話の脈絡がさっぱりわからない。悪態をついたりするわけでもないけれど、けっこう酔っぱらっているようだった。このおじさん、いつもどこかで飲んだあと酔っぱらって来て、よくわからないことを言って去っていくらしい。今日もいつもと同じように去っていったようだ。

ソファに座っていたお客さん達が演奏し始めた。生演奏を聴きながら、どういう経緯だったか忘れてしまったけれど、はたして建築文化というものはどれほど伝播するものかというお題で盛り上がった。特に徳利柱だか胴張だかっていう法隆寺の柱の膨らみとギリシャの神殿のエンタシスの話。同じだなんて嘘だろと思うけど、小学校などでは今も関連付けて教えているのだろうか。演奏が終わった頃、持っていたグラスもエンタシスを描いていることに気づいて、もう出ようかということになった。
  1. 2006/01/03(火) 23:09:56|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。